全国各地で若者が地域の活動に関わり、社会の一員として活躍しています。
 
なかでもNPO インターンシップは市民活動の「種まき」のような仕組みで、NPO インターンシップラボではその仕組みを作るコツや実際に体験した若者の声などを発信する目的で、毎年1回シンポジウムを行っています。
 
今年は初めてオンラインで開催し、まちなかのコーディネーターたちが集まります。
ぜひご参加ください!

【こんな方にオススメ
 
まちなかのいろいろなコーディネーターで若者と地域をつなぐ活動に関心のある方
□インターンシップに関心のあるNPOや市民活動団体の方
□若者の育成やまちづくりに関心のある大学、企業、行政の方
 

参加登録はこちら!

 

 

 

 
 日 時 

2020年 9月19日(土)13:00〜15:30、
2020年 9月20日(日)13:00〜17:00

 
 会 場 

ZOOMによるオンライン開催

 
 定 員 
先着100名(9/15締切)
 参加費 
一般 2,000円 学生 1,000円
特典:お申し込みの皆様には2019年度のシンポジウム 報告書をデータでお送りします

チラシはこちら

 タイムライン 

13:00-14:00
オープニングトークセッション
まちの小さな主人公をつなぎいかすコツ

インターンシップを通じて人をつなぎいかしてきた方々にまちの小さな主人公を見つけ育てるコツを伺います。実践例を聞いてコーディネート魅力や重要性を学びましょう。
 

14:00-15:30
学生が変わる!? 地域が変わる!?
~NPO インターンシップ徹底解剖2020 ~

とちぎコミュニティ基金の「たかはら子ども未来基金」は、子どもや若者の未来を応援する目的で、県内在住の夫妻が設立した基金を活用してインターンを実施しています。学生、地域はどのような変化が生まれているのか、徹底解剖します。
 
 

13:00 -14:30 
①【初心者向け】地域で学生を受け入れるためのしかけとは~つい参加したくなるコーディネーションを探る~

一つの団体だけで学生を受け入れるのは難しい…そんなことを考えたことはありませんか。この分科会では、地域× 大学をベースにした事例を通して、つい参加したくなる地域でのコーディネーションのヒントを考えてみましょう。

②【実践者向け】しくじりから見えた成功体験

若者との活動でおこった成功事例や失敗事例を元に、コーディネートのコツを学びます。
 

15:00 -16:30
コロナ禍での学生と地域のつながりを考える

リアルなイベント開催が厳しい中、NPO インターンシップや若者との活動現場ではどのような工夫の可能性があるのか?課題やアイディアを共有しながら、コロナとNPO インターンシップをキーワードに語ります。
 

16:30 -17:00
クロージングセッション

 セミナー 

オープニングトークセッション「まちの小さな主人公をつなぎいかすコツ 」

9月19日(土)13:00-14:00   

インターンシップを通じて人をつなぎいかしてきた方々にまちの小さな主人公を見つけ育てるコツを伺います。実践例を聞いてコーディネート魅力や重要性を学びましょう。
 

進行

野地 理恵子氏(NPO法人ふくしまNPOネットワークセンター)
 

ゲストスピーカー

石原 達也氏(NPO法人岡山NPOセンター)
青木 秀幸氏(千葉工業大学)

進行:野地 理恵子氏(NPO法人ふくしまNPOネットワークセンター 職員)


認定特定非営利活動法人ふくしまNPOネットワークセンター職員。2015年より5年間NPOインターンシップに関わる。NPOインターンシップの良さを伝えるため現在も様々な活動に参加している。
認定特定非営利活動法人ふくしまNPOネットワークセンター  https://f-npo.jp/
 
 
 

ゲスト:石原 達也氏(NPO法人岡山NPOセンター 代表理事)

2001年大学生のみのNPO法人設立に参画したことからNPO業界に。活動を続ける中で支援者を志すようになり2003年鳥取市社会福祉協議会に入職。Vコーディネーターを務めた後に転職し、出身地・岡山でNPO法人岡山NPOセンター事務局長に就任(現在、代表理事)。その他、(公財)みんなでつくる財団おかやま(顧問)、NPO法人みんなの集落研究所(代表執行役)、(一社)全国コミュニティ財団協会(常務理事)、PS瀬戸内株式会社(代表取締役)等の設立に関わる。
NPO法人岡山NPOセンター http://www.npokayama.org/
 
 

ゲスト:青木 秀幸氏(南房総市産学協働地域活力創造推進プロジェクト 地域コーディネーター)


山梨県生まれ。千葉工業大学大学院博士後期課程修了。博士(工学・農村計画)、一級建築士。民間の都市計画コンサルタント勤務を経て独立。行政主導で行われてきたハコモノ中心のまちづくり政策に疑問を感じ、独立後市民主体のまちづくり政策の立案、実施の支援に奔走中。人と人、人と地域をつなぐコミュニティデザイナー。近年自身が地域で学び成長した経験をもとに母校の域学連携プロジェクトに関わる。千葉工業大学非常勤講師。
 
 


セミナー1「学生が変わる?!地域が変わる?!~NPOインターンシップ徹底解剖2020~」

9月19日(土)14:00-15:30  

とちぎコミュニティ基金では、「たかはら子ども未来基金」という、子どもや若者の未来を応援する目的で、県内在住の夫妻が設立した基金を活用してNPOインターンシッププログラムを実施しています。受入団体、参加学生ともに助成があることや、学生によるニュースレターの作成、学生とコーディネーターのご飯会など、特徴的なプログラムを得て、学生、地域はどのような変化が生まれているのか、徹底解剖します!

  

進行

川田 虎男氏(聖学院大学 コミュニティーサービスラーニング講師)
 

ゲストスピーカー

遠藤 隼氏(サシバの里自然学校)
會田 未来氏(NPOインターンシッププログラム経験者・社会人)
稲川 夕梨氏(NPOインターンシッププログラム経験者・大学生)
大木本 舞氏(とちぎコミュニティ基金)

進行:川田 虎男氏(聖学院大学 コミュニティーサービスラーニング講師)


1980年生まれ。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了・社会福祉士。大学卒業後社会福祉法人鶴ヶ島市社会福祉協議会勤務。27歳から日高市議会議員を1期4年務める。その後、NPO法人ハンズオン埼玉へ。事務局長を経て現在代表理事。聖学院大学非常勤講師(ボランティア論・コミュニティサービスラーニング)、同大ボランティア活動支援センターアドバイザー、立教大学大学院博士後期課程在籍。
 
 
 

ゲスト:遠藤 隼氏(サシバの里自然学校 校長)

栃木県宇都宮市出身。幼少期から釣りや探検、ものづくり等が好きで、大学のサークル活動で子どもたちと自然で遊ぶ楽しさに目覚める。卒業後は、静岡県のホールアース自然学校に就職し、子供向け富士登山や青木ヶ原樹海エコツアーなどを担当。退職後、さらなる世界をみたいと自転車でユーラシア大陸横断&南米大陸縦断の旅へ。帰国後は2016年栃木県市貝町に自然体験施設「サシバの里自然学校」を開校。
著書「ユーラシア横断自転車旅日記」(下野新聞出版)
サシバの里自然学校 https://www.sashiba-ns.com/
 

ゲスト:會田 未来氏(NPOインターンシッププログラム経験者・社会人)


今年大学を卒業し、社会人1年目になりました。栃木県内の小学校で教師をしています。好きな物はピアノと本と走ることです!
当日は高齢者の孤立を若者の力で防ぎ、繋がりを生む「一般社団法人えんがお」でインターンさせて頂いた経験や、そこで私が取り組んだこと、感じたことをお伝えします。
 
 
 

ゲスト:稲川 夕梨氏(NPOインターンシッププログラム経験者・大学生)

宇都宮大学地域デザイン科学部コミュニティデザイン学科4年。社会福祉ゼミに所属しています。
栃木県宇都宮市出身。
昨年度、たかはら子ども未来基金のインターンシップにおいて、「アットホームきよはら」で子どもの居場所の活動を約半年間経験しました。現在は、栃木県内のとある子どもの居場所でボランティアとして活動中。
当日は私がなぜインターンをしたいと思ったのか、活動中に何を感じ、何に悩んだのか、この経験が現在の学生生活にどう活きているのか、などといったことをお話ししたいと思います。
 
 

ゲスト:大木本 舞氏(とちぎコミュニティ基金 職員)

大学在学中から国際ボランティアに取り組み、卒業後、NPO法人トチギ環境未来基地で青少年リーダー育成や環境保全活動を通した地域づくりに携わる。2016年からとちぎコミュニティ基金でも勤務し、地域の困りごとにみんなで取り組む「市民の基金&プロジェクト実行」を目的に、助成金運営とファンドレイジングイベント運営に関わる。2017年からは、NPOインターンシップを応援するたかはら子ども未来基金も設立し運営する。NPOインターンシップラボシンポジウムの実行委員メンバー。
 
 


セミナー2-1(選択式)「地域で学生を受け入れるためのしかけとは~つい参加したくなるコーディネーションを探る」

9月20日(日)13:00-14:30

一つの団体だけでは学生の受け入れは難しい…そんなことを考えたことはありませんか。
そんなとき、いくつかの団体と一緒に、特に地域全体で学生を受け入れることを考えてみてはどうでしょうか。
この分科会では、地域×大学をベースにした学生の受け入れ事例を通じて、つい参加したくなる地域でのコーディネーションのヒントを考えてみたいと思います。
  

進行

橋本 空氏(法政大学4年生、へりぽーと代表)
 

ゲストスピーカー

高野雄太氏(一般社団法人おやまちプロジェクト)
朽木量氏(千葉商科大学 地域連携センター)
原島隆行氏・森勤氏・小倉勝十氏(まち×学生プロジェクト)

進行:橋本 空氏(法政大学4年生、へりぽーと 代表)


東京都町田市相原町で地域活動をしている法政大学4年生の5人グループ、へりぽーとです。私たちの目標は相原にコミュニティスペースを開き、居場所作りを通じて誰かひとりの「だったらいいな」を地域全体の「うれしい」に変える、より良い地域作りに携わること。現在は地域イベント・オンラインイベントを自団体で企画・運営する傍ら、相原の地域団体、地域イベント、新事業などに関わっています。
へりぽーと  https://www.facebook.com/heliport0606
 
 

ゲスト:高野雄太氏(一般社団法人おやまちプロジェクト 代表理事)


世田谷区尾山台生まれ尾山台育ち。尾山台商栄会商店街振興組合理・尾山台中学校PTA会長など地域で様々な団体の役職を持つ。12年前に脱サラをして家業であるタカノ洋品店(学校用品など)で働きはじめ現在に至る。地域活動や子育てをする中で地元である尾山台での暮らしをより良くしたいと思うようになり、大学と連係したまちづくりを目指し『おやまちプロジェクト』を立ち上げた。
おやまちプロジェクト https://oyamachi.org/
 
 

ゲスト:朽木量氏(千葉商科大学 地域連携推進センター センター長)

千葉商科大学政策情報学部教授 2016年4月より千葉商科大学地域連携推進センター副センター長を経て、2018年4月より同センター長に就任 ヴァナキュラーな価値を地域住民と大学で共創することを理念としてセンターの事業を拡大させてきている。
大学がNPO・市民活動団体に活動助成金を交付するという全国的にも珍しい活動を展開して、学生・教員を地域活動に誘導したり、学生の国内地域留学に助成金をつけるなど、独自の事業を展開している。今回の発表では、上述の活動助成金制度の経験を通じて、NPO・市民活動団体側が学生・教員と繋がっていくためのノウハウについて共有していきたい。
 
 

ゲスト:原島隆行氏・森勤氏・小倉勝十氏(まち×学生プロジェクト)


地元住民(自治会)と学生は、身近な存在と意識をしながらも地域側は「学生のゴミ問題・騒音問題」などの声が寄せられ、学生には「地域の人が怖い(あまり歓迎されていない)…」と伝わっていた。一方、「大学生の若い力が魅力」「学生のアイディアで若者と子ども達など多世代を繋いでほしい」といった声や「地元を離れて、不安で地元のように街とつながりたい」という声を繋ぎ、平成27年にまち(自治会)と学生が協働して「まちづくり」を考え・創るプロジェクト「まち×学生プロジェクト」が始動した。
 
 

 


セミナー2-2(選択式)しくじりから見えた成功体験【実践者向け】

9月20日(日)13:00-14:30  

若者との活動でおこった成功事例や失敗事例を元に、コー ディネートのコツを学びます。

 

進行

直井 友樹氏(NPO法人NICE)
 

ゲストスピーカー

西尾 愛氏(認定NPO法人藤沢市民活動推進機構)
遠藤 佑介氏(札幌市市民活動サポートセンター)

進行:直井 友樹氏(NPO法人NICE 事務局次長/広報部長)


神奈川県横浜市出身。学生時代に国際ワークキャンプへ参加したことをきっかけに、2012年より新卒でNPO法人NICEに職員として加わる。9年目の現在は、主に広報担当として、ワークキャンプ等の国際ボランティアの参加推進に従事。また、行政・企業のプログラムや事務局インターンプログラムのコーディネートも担当している。趣味はお酒。
 
 
 

ゲスト:西尾 愛氏(認定NPO法人藤沢市民活動推進機構 支援業務担当)


認定NPO法人藤沢市民活動推進機構の常勤職員。高校生の頃から国際協力NGOやNPOの活動に関わり、新卒で地元藤沢のNPOに就職する。社会人1年目からは「地域でつながるワカモノ×NPOインターンシッププログラム」の事務局を担当する傍ら、学生とともに地域イベントの企画から運営までプロデュース。
NPOや地域の活動を多くの方々に伝えるため、広報物の制作やラジオへの企画・出演、記録写真の撮影を行っている。
認定NPO法人藤沢市民活動推進機構  http://f-npon.jp
 

ゲスト:遠藤 佑介氏(札幌市市民活動サポートセンター)


広告制作会社を経て(公財)さっぽろ青少年女性活動協会に入職。
若者支援施設、男女共同参画センターで勤務後、2020年4月より現職。
若者の気づきに寄り添い、変化や成長をそっと応援できたらと思います。
(公財)さっぽろ青少年女性活動協会 https://www.shimin.sl-plaza.jp/
 
 


セミナー3「コロナ禍での学生と地域のつながりを考える」

9月20日(日)15:00-16:30

リアルなイベント開催が厳しい中、NPOインターンシップや若者との活動現場ではどのような工夫の可能性があるのか?課題やアイディアを共有しながら、コロナとNPOインターンシップをキーワードに語ります。

  

スピーカー紹介
進行

原島隆行氏 (横浜市六角橋地域ケアプラザ)
高城 芳之氏 (NPO法人アクションポート横浜)
 

ゲストスピーカー

影山 貴大氏 (ユニバーサル・ピア)
中村柾氏(オンライン寺子屋)
萱村竜馬氏(社会福祉法人興望館)

進行:原島隆行氏 (横浜市六角橋地域ケアプラザ 地域活動交流コーディネーター)


社会福祉法人若竹大寿会が指定管理を行う横浜市六角橋地域ケアプラザの職員をとして、誰もが住みやすいまちを目指し活動するコーディネーター。学生と地縁団体(自治会・商店街等)を結ぶ「まち×学生プロジェクト」をきっかけに、「オレンジプロジェクト」「キャンドルナイト」「まちSHOKU」等、地域と学生をつなぐまちづくりを地域の最前線で行っている。
 
 

進行:高城 芳之氏 (NPO法人アクションポート横浜 代表理事)

大学時代から「若者と地域をつなぐ場づくり」をテーマに活動をはじめ、 新卒でNPOの世界に飛び込む。 学生のボランティアマネジメントを始め、企業の CSR相談事業、プロボノ支援事業などを企画運営してきた。
アクションポートではNPOインターンシップを2009年より運営しており、コロナ禍でも試行錯誤して活動してきた。NPOインターンシップラボメンバー、明治学院大学社会学部 非常勤講師など。
アクションポート横浜  http://actionport-yokohama.org/
 
 

ゲスト:影山 貴大氏 (ユニバーサル・ピア)


「障がいの有無にかかわらずお互いが自己決定・自己選択をしながら無理なく関係性を持って一緒に暮らしていける社会を目指して」をモットーに様々な活動をしていこうと思っています。
http://yunipia.com/
 
 
 

ゲスト:中村柾氏(オンライン寺子屋・公立中学校教員)

千葉県公立中学校英語教諭
公立中学校教員初となるクラウドファウンディングを187%達成で成功させ、ミャンマーで100人にインタビューするなど行動&実践を通じた学びをモットーとする。
大学在学時より、米国での教育実習を皮切りにアジアやアフリカでのインターン経験も豊富。
生徒の世界を広げようと日々奮闘している。コロナ禍では、googleからPCを140台調達、オンライン寺子屋を共同設立など、精力的に活動している。 オンライン寺子屋ホームページ
 

ゲスト:萱村竜馬氏(社会福祉法人興望館 事務局主任補)

大学卒業後、とび職などを経て法律事務所に事務員として勤務。その後、地域の人々と共に福祉課題をとらえ、その解決のための実践をしていくことを目的とする「セツルメント」を大正時代にはじめ、児童養護施設、保育園、児童厚生施設を運営する興望館に2007年に入職し、社会福祉士を取得。歴史資料室整備や後援会事務局、防災安全委員を担当する中で、学生ボランティアや保育園・学童クラブの保護者、近隣町会との協働に関わるようになる。
社会福祉法人興望館  http://www.kobokan.jp/
 

参加登録はこちら!